/
PH

病院長あいさつ

平成31年度 新年度を迎えて

病院長 前原 喜彦
公立学校共済組合九州中央病院
病院長 前原 喜彦

 昨年4月の就任当初、医師会関係の先生方をはじめ市内消防署など各関係機関にご挨拶に伺い、その後当院への患者さまのご紹介や救急搬送依頼などにご協力をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

 飯田前病院長がこれまで整備を進めてまいりました大規模施設整備事業(HCU、全室個室化の新病棟、栄養管理棟および腎センター・健康管理センター)について、現1病棟の改築を経て昨年7月1日に緩和ケア病棟が開設され、当院の再開発計画は完了いたしました。

 新年度においても、前年度同様に「がん」と「救急医療」を当院においては事業の柱としておりますが、これまで地域の医療機関の皆様に特に時間外の対応でご迷惑をおかけしておりました循環器疾患に対する緊急時の血管内治療について、あらたに医療スタッフを増員することになります。また、血管外科専門の医師も常時配置することになりましたので、併せてご報告いたします。

 現在、国の施策である地域包括ケアシステムの構築に向け当院においても急性期医療から在宅医療への更なる円滑な連携が求められておりますので、引き続き、これまで同様近隣の在宅医療機関や急性期病院関係者の方々との一層の連携が必須となりますので、今後ともご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 最後に、これまで同様地域の急性期医療機関として、平成22年度から掲げています以下の「6つの中長期目標」をさらに本年度も推し進めてまいる所存です。地域住民の方々をはじめ公立学校共済組合員、地域の各医療機関の皆様のご期待に応えられるよう努力してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻とともに、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

<中長期目標>

  • 地域医療支援病院として課せられた役割を果たす
  • 職域病院としての役割、組合員のニーズに合った健康管理事業を実施する
  • 長期的に安定した経営を維持する
  • ゆとりを持って働ける職場環境を作る
  • 臨床教育病院としての体制を整備する
  • 病院の特徴を明確にし、ブランド化を図る

 末筆ながら、今後ともなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成31年4月

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0