/
PH

病院長あいさつ

令和3年度 新年度を迎えて

病院長 前原 喜彦
公立学校共済組合九州中央病院
病院長 前原 喜彦

 病院長就任4年目を迎えます前原喜彦でございます。

 最初に、当院をご利用いただいております患者さんとご家族の皆さま、公立学校共済組合員の皆さま、当院における診療へのご理解、ご協力に心より御礼を申し上げます。また、医師会の先生方をはじめ福岡市内及び当院近郊市町村の消防署等々、各関係機関の皆さま方には、日頃より患者さんのご紹介や後方支援、救急搬送などに御高配をいただき、心より感謝申し上げます。

 さて、私が九州中央病院へ就任し3年が経過しました。この3年間で、まず始めに救急外来の拡張、緩和ケア病棟の改修、外来化学療法室の拡張を実施し、当院が目指す「救急」と「がん診療」の充実を図りました。並行して、MRI装置やX線撮影装置、乳房撮影装置、血管造影撮影装置、消化器内視鏡及び内視鏡情報システム、医用画像システムなど多くの機器更新を行い、最新の治療が提供できるよう整備しました。さらに、健康管理センターの中で内視鏡検査ができるよう整備しましたので、人間ドック受診者の利便性も向上しています。

 そして、もっとも大切なことが診療科の充実であります。私が就任し、救急診療の充実からはじまり、膵臓内科及び血管外科の開設、耳鼻咽喉科の充実を行いました。そして、この4月から婦人科医師を2名増員し、婦人科疾患の治療にも力を入れてまいります。

 当院は、地域医療支援病院であるとともに、がん診療連携拠点病院でもありますので、地域のがん患者さんが安心して診療を受けることができるよう「がん相談支援センター」を充実させたいと考えております。また、九州・沖縄地区の公立学校共済組合員の健康を守る職域病院の役割も担っておりますので、患者さんや家族、公立学校共済組合員の教職員の方々から、九州中央病院に是非かかりたい、かかってよかったと思っていただけるような、確実で信頼される医療の提供を心がけていく所存です。

 最後となりますが、これからも九州中央病院の「基本理念」・「基本方針」・「中長期目標」に沿って、地域住民の方々をはじめ、公立学校共済組合員、医師会の先生方、各関係機関の皆さま方のご期待に応えられるよう努力して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻とともに、ご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

【基本理念】

病んでいる人の人権を尊重し、健やかで心豊かな社会をつくるための医療を提供します。

【基本方針】

  • 常に向上心を持ち何事にも積極的に、前向きに対処する。
  • 医療される方々の立場に立った、満足の得られる医療を行う。
  • 質の高い、高度な医療を目指す。
  • 合理的で、無駄のない医療、および医療経営を行う。

【中長期目標】

  • 地域医療支援病院として課せられた役割を果たす。
  • 職域病院として組合員のニーズに合った健康管理事業を実施する。
  • 長期的に安定した経営を継続する。
  • 職員がゆとりを持って働けるように職場環境を整える。
  • 臨床教育病院として初期臨床研修の充実を図る。
  • 病院の特徴を明確にし、ブランド化を図る。

令和3年4月

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0