平成28年度 公立学校共済組合 九州中央病院 病院指標

この病院指標は、厚生労働省による集計条件に基づいてDPCデータより作成しており、入院した後24時間以内に死亡した患者さん、労災保険・公災保険・自賠責保険・自費診療の患者さん、歯科口腔外科に入院された患者さんのデータは集計対象外となっております。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 17 90 179 227 566 943 2029 2355 2129 526
平成28年度に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。
当院は、地域医療支援病院として、「救急医療」と「がん診療」を柱とした急性期医療を展開しています。
平成28年度退院患者さんの平均年齢は69.24歳(男性:67.70歳、女性:71.07歳)です。
平成18年度の平均年齢は57.41歳でしたので、10年間で11.15歳上昇しており、高齢化が進んでいます。
地域の医療機関、介護施設、在宅医からの紹介や救急搬送を積極的に受け入れていますので、60歳以上の患者さんで77.68%を占め、80歳以上も29.30%に達しています。
小児科と産科機能は、近隣の医療機関へ集約のため休診しており、若年層が少ない状況です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科 ※内科疾患の上位20症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 [心臓カテーテル法による諸検査] 209 3.27 3.06 0.48% 69.73
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 [経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術] 161 5.11 4.71 1.86% 70.42
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 117 19.74 21.25 44.44% 85.02
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 88 11.68 11.48 0.00% 59.57
030400xx99xxxx 前庭機能障害 83 3.46 5.24 2.41% 68.22
当院の内科は、総合内科、糖尿病・内分泌内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、肝臓内科、脳血管内科、腎臓内科、心療内科・アレルギー内科の9専門診療科で構成されています。
平成28年度退院症例のDPC診断群分類14桁(疾病別医療行為毎)別の患者数は上の表の通りです。
総合内科では、患者中心の全人的医療を実施するため、特定の臓器に偏ることのない包括的医療を行っています。
糖尿病・内分泌内科では、他科との協力体制をとり、患者さんの病態に合わせ医師、看護師、栄養士と個別指導を行っています。また、近隣病院より紹介された患者さんの糖尿病教育入院も数多く行っております。
循環器内科は、平成28年度のDPC診断群分類14桁別の上位5つのうち2つを狭心症が占めており、24時間緊急カテーテル検査が行える体制をとっています。
消化器内科は、上記抽出対象外(短期滞在手術基本料)の大腸ポリープが296例あり、消化器疾患が多いのも当院の特徴です。
呼吸器内科では、肺炎や誤嚥性肺炎、間質性肺炎などとともに、機動性の良さを生かして緊急性の高い患者さんを多く診療しています。高齢の患者さんが多いのも特徴です。
肝臓内科は、福岡県肝臓疾患専門医療機関として、肝臓疾患全般の診療を行っています。
脳血管内科では、脳神経外科と連携して、主に急性期脳卒中、神経系緊急疾患の治療を行っています。
腎臓内科は、検尿異常(蛋白尿・血尿)に対する腎生検から腎不全治療、透析療法まで幅広く診療を行っています。平成29年1月には腎センターが完成し、外来透析も開始されています。
心療内科・アレルギー科は身体症状を主とするけれどもストレスが大いに関係している疾患を診ています。
外科 ※外科疾患の上位15症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 [化学療法(ベバシズマブ)] 76 3.87 4.48 0.00% 67.91
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 [胆嚢切開結石摘出術、腹腔鏡下胆嚢摘出術] 69 8.59 7.61 8.70% 63.58
060340xx03x00x 胆管(胆内外)結石、胆管炎 [内視鏡的胆道ステント留置術 等] 56 8.61 11.06 5.36% 76.11
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 [化学療法(ベバシズマブ)] 46 3.96 4.41 4.35% 61.80
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 [腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 等] 43 17.19 15.92 4.65% 70.63
当院の外科は、一般外科のほか、消化器外科、肝・胆・膵外科、呼吸器外科の専門診療科で構成されています。
「救急医療」と「がん診療」を柱として診療を行っていますが、消化器、呼吸器のがんについては、手術療法のみならず、化学療法、放射線治療とともに集学的治療を行っています。
化学療法は、患者さんの状態、希望に応じ、入院でも行っています。
整形外科 ※整形外科疾患の上位10症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 [骨折観血的手術 等] 189 22.95 27.63 92.59% 82.33
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 [脳脊髄腔造影剤使用撮影加算] 137 3.07 3.07 2.92% 71.90
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 [椎弓形成術 等] 85 15.92 17.99 15.29% 70.84
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 80 13.15 20.57 85.00% 80.44
160760xx97xx0x 前腕の骨折 [骨折観血的手術 等] 54 6.81 5.49 9.26% 61.98
当院の整形外科は一般整形外科のほか、脊椎、膝、外傷、リウマチ、関節外科を専門としています。
当科では、四肢(手足)や脊椎(背骨)に起こる運動器疾患のほとんどを取り扱っています。その他骨折等の外傷や膝などのスポーツ外傷に対する治療なども数多く行っています。
平成28年度退院症例のDPC診断群分類14桁(疾病別医療行為毎)別で見ると、股関節大腿近位骨折は189件と多く、平均年齢は82.33歳と高齢になっています。転院率も92.59%と高く、早期のリハビリの取り組みとともに、クリティカルパスを活用した地域の医療機関との顔の見える連携を心がけています。
また、脊椎疾患を数多く取り扱っており、脊柱管狭窄症の検査症例、次に脊柱管狭窄症の手術症例が多くなっています。
形成外科 ※形成外科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 [ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)] 51 9.24 7.91 0.00% 54.18
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 [眼瞼下垂症手術] 11 4.55 3.44 0.00% 69.00
160660xxxx1xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 [全層植皮術 等] - - 26.88 - -
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 [腋臭症手術] - - 6.77 - -
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 [再建乳房乳頭形成術] - - 6.11 - -
当院の形成外科は主に体表面の疾患を対象とする外科です。先天異常、外科や病気で生じた変形や傷跡(瘢痕やケロイド)、それらが原因の機能障害など頭から足の先まで幅広い疾患を扱っています。
また、乳がんの患者さんに整容面でもより満足していただけるように、、乳腺外科とのチーム医療の中で乳房再建手術や乳輪・乳頭再建術も行っております。
平成28年度退院症例のDPC診断群分類14桁(疾病別医療行為毎)別では、乳癌術後の乳房再建が51件と多くなっています。
※医師の異動に伴い、平成29年10月からゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術は実施できませんが、平成30年5月より再開予定です。
脳神経外科 ※脳神経外科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 33 8.24 7.52 12.12% 69.21
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) [JSC10未満] 33 20.94 19.35 75.76% 70.70
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 [慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等] 30 10.03 9.87 13.33% 74.93
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) [JSC10以上] 17 18.88 22.05 76.47% 74.65
010020x001x0xx くも膜下出血、破裂脳動脈瘤 [JCS10未満、脳動脈瘤頸部クリッピング 等] - - 32.72 - -
当院の脳神経外科は、脳神経領域のあらゆる疾患に対応しています。その中でも、脳血管障害には重点を置いており、当院の脳血管内科との密接な連携により迅速かつ的確な診断・治療を行っています。
平成28年度退院症例のDPC診断群分類14桁(疾病別医療行為毎)別では、非外傷性頭蓋内血腫(脳内出血)の手術なし33件ですが、手術ありなどを合わせると脳出血が67件となります。
救急疾患については24時間365日体制で対応しています。
眼科 ※眼科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 [硝子体茎顕微鏡下離断術 等、片眼] - - 7.01 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 [水晶体再建術(縫着レンズ) 等、片眼] - - 2.91 - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 [硝子体茎顕微鏡下離断術、片眼] - - 8.27 - -
020220xx97xxx0 緑内障 [緑内障手術、片眼] - - 9.15 - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 [硝子体茎顕微鏡下離断術、片眼] - - 10.53 - -
当院の眼科は、眼科全般にわたって診療を行っています。特に糖尿病性網膜症の診断および治療は当院の糖尿病内科と連携を取りながら、取り組んでいます。
また、緑内障にも力を入れており、患者さん一人一人に合わせた、定期的かつきめ細かい診療を行っています。
上記抽出対象外(短期滞在手術基本料)の白内障が185件となっています。
耳鼻咽喉科 ※耳鼻咽喉科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 28 8.46 9.37 0.00% 53.89
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 [鼓室形成術] 14 16.43 9.36 0.00% 59.00
030390xx99xxxx 顔面神経障害 11 9.91 9.60 0.00% 50.55
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 10 7.50 8.12 0.0% 42.00
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.47 - -
当院の耳鼻咽喉科は、主に入院治療や手術の必要な耳鼻咽喉科の病気を取り扱っています。
具体的には、内耳疾患(めまいや突発性難聴など)、中耳疾患(慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎など)、副鼻腔疾患(慢性副鼻腔炎など)、咽頭疾患(扁桃炎など)などです。
皮膚科 ※皮膚科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 53 8.87 8.96 5.66% 71.62
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) [皮膚悪性腫瘍切除術] 37 7.11 8.78 0.00% 78.41
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 [皮膚、皮下腫瘍摘出術 等] 17 2.53 4.28 0.00% 51.71
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 [四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術] 13 3.31 6.42 0.00% 49.00
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - - 11.97 - -
当院の皮膚科入院患者さんで最も多いのは帯状疱疹です。全室個室のため、入院中のストレスが少なく、快適に治療を行うことができます。
次に皮膚の悪性腫瘍の手術目的入院です。高齢化社会になり、ますます増加の傾向にあります。
第3位、第4位が皮膚の良性腫瘍の手術目的入院です。術後出血はほとんどなく、経過良好にて早期退院できています。
当院では正確な診断と適切な治療を心がけております。
泌尿器科 ※泌尿器科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 [経尿道的レーザー前立腺切除術] 156 7.28 7.78 3.85% 74.51
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 [経尿道的尿路結石除去術 等] 73 7.08 5.83 2.74% 62.64
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 [膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)] 59 7.68 7.44 3.39% 71.98
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 [放射線療法] 31 21.45 26.25 0.00% 73.45
110070xx02020x 膀胱腫瘍 [膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)、化学療法あり] 22 7.23 7.85 4.55 72.50
当院の泌尿器科は、尿失禁、前立腺肥大症に伴う排尿困難、頻尿など排尿に関する諸疾患の検査や治療を行っています。
尿路結石の治療は体外衝撃波破砕術を含めすべて対応可能です。
また、前立腺がん検診をはじめとして泌尿器科領域のがん(腎臓がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん)の手術や抗がん剤治療、放射線治療など集学的治療を行っています。
麻酔科 ※麻酔科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 帯状疱疹後神経痛 等 10 14.70 13.33 0.00% 69.50
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 - - 11.16 - -
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 [脊髄刺激装置植込術] - - 17.99 - -
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア [椎間板摘出術(経皮的髄核摘出術)] - - 10.90 - -
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 - - 7.20 - -
当院の麻酔科の特色として、ペインクリニック外来で週3日診療を行っています。
また、入院治療においても神経ブロック治療や薬物治療を行っています。
主な疾患は、「頚・肩・上肢痛」、「腰・下肢痛」、「中枢性疼痛」、「末梢神経障害」、「三叉神経痛」、「頭痛」、「帯状疱疹後神経痛」、「がん性疼痛」などです。
乳腺外科 ※乳腺外科疾患の上位5症例を、ホームページの「病院統計指標→病院指標」に掲載しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 [乳房悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの))] 60 12.63 10.30 0.00% 60.02
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 [乳房悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの))] 47 5.64 6.59 0.00% 64.23
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 [乳房悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの))] 26 15.04 11.57 0.00% 64.73
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 23 8.13 9.39 0.00% 62.61
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 [胸壁悪性腫瘍摘出術 等] - - 6.11 - -
当院の乳腺外科では、乳房の悪性腫瘍(乳がん)、良性腫瘍(脂肪腫など)、乳がん検診、リンパ浮腫相談などを行っています。
DPC診断群分類14桁(疾患別医療行為毎)の平成28年度の退院症例では、乳房の悪性腫瘍(乳がん)乳房切除術60件をはじめ、乳房の悪性腫瘍(乳がん)は合計168件でした。
緩和ケアチームや患者会など、精神面のサポート体制が十分にとれています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 47 14 16 30 - 44 1 7
大腸癌 41 68 65 123 12 119 1 7
乳癌 98 34 13 - - 34 1 7
肺癌 25 12 29 92 - 148 1 7
肝癌 12 - 12 19 - 29 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、5大癌(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)に対する手術・化学療法・放射線治療の集学的治療を積極的に行っているほか、前立腺がん、膀胱がん、腎がんの治療も集学的に診療を行っています。
乳がんはステージ(進行程度)Ⅰ・Ⅱ症例が多くなっていますが、胃がん、大腸がん、肺がんはステージⅣも多く、患者さん一人一人に適した手術・化学療法・放射線治療を行っています。
肝がんに対しては、腫瘍の状態、肝機能に応じて、切除、ラジオ波焼灼、放射線治療を行っています。
緩和ケアチームと診療科が連携をとり、疼痛管理をはじめ、終末期の治療についても幅広くカバーし、ステージⅢやⅣといった進行症例や再発症例も多く診ており、地域の医療機関とも連携をとり、最後まで心地よく過ごしていただくことを目指しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 10.00 52.39
中等症 129 15.05 79.91
重症 39 20.00 82.31
超重症 16 26.88 76.81
不明 - - -
入院のきっかけになった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18で始まるものを、普段の生活の中で発症して入院した患者さんについて、A-DROPスコアを用いて重症度分類しています。A-DROPスコアとは、「Age(年齢)」:男性70歳以上、女性75歳以上、「Dehydration(脱水)」:BUN21mg/dL以上または脱水あり、「Respiration(呼吸)」:SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)、「Orientation(意識障害)」:意識障害あり、「Pressure(収縮期血圧)」:収縮期血圧90mmHg以下 の5点満点で、1項目該当すれば1点で計算し、軽症(0点)、中等症(1~2点)、重症(3点)、超重症(4~5点。ただし、ショックがあれば1点でも超重症とする)に分けられます。
軽症の場合は、外来治療が基本となりますが、患者さんの状態によっては入院しての加療となる場合があります。
重症度が上がるにつれ、平均年齢も上がり、また、在院日数が長くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 22 7.77 77.82 3.45%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 182 21.66 74.65 42.20%
その他 36 21.58 74.19 5.50%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞はできるだけ早く適切な治療を開始することが重要であり、当院はいつでも直ちに対応できる体制をとっています。
頭部MRI、ヘリカルCT、脳血流シンチ、脳血管撮影や神経超音波検査(経頭蓋超音波、頚部血管エコー、経食道エコー)などの検査を駆使し、できるだけ早期に的確な診断を行い、脳神経外科、リハビリテーション科などと協力し、急性期に最善の医療を提供するよう努めています。
脳梗塞のICD10別で多いのは、3日以内に発症した急性期の脳梗塞(I63$)が182件で、平均年齢74.65歳、平均在院日数21.66日で転院率42.20%、約半数の患者さんがリハビリ専門病院に転院されています。
急性期から慢性期まで最適な治療が継ぎ目なく行えるように、地域のクリニックやリハビリ専門病院とも密な交流、連携をとっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 260 0.63 1.70 0.38% 65.11
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 138 1.92 3.68 4.35% 70.46
K654 内視鏡的消化管止血術 56 2.20 9.88 17.86% 67.71
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 40 2.23 0.98 0.00% 72.38
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 36 0.31 2.22 2.78% 59.14
消化器内科では24時間緊急内視鏡手術が行える体制をとっております。
大腸ポリープ等における内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は長径2㎝未満と長径2㎝以上を合わせると年間296件となっております。
また、内視鏡的消化管止血術も56件で、救急搬送の増加に伴い、緊急内視鏡・緊急手術が増加しています。
第2位にあがっている経皮的冠動脈ステント留置術とは、狭心症や心筋梗塞に対する治療で心臓の血管(冠動脈)に金属の管を留置する手術であり、「その他のもの」が138件のほか、「急性心筋梗塞に対するもの」「不安定狭心症に対するもの」も63件あり、循環器内科でも24時間緊急手術が行える体制をとっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 129 2.40 6.57 11.63% 65.36
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 60 1.77 13.15 15.00% 78.97
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 57 0.79 2.96 0.00% 65.11
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 56 4.82 14.48 5.36% 68.68
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 39 6.13 19.95 15.38% 73.67
当科は消化器、呼吸器の悪性疾患から、胆石、虫垂炎、ヘルニアなどの良性疾患まで幅広く手術療法を行っています。
鏡視下手術(腹腔鏡、胸腔鏡を使用した手術)の普及や、化学療法の進歩に伴い、各疾患に対する治療法は多様化していきます。
患者様一人一人の状態を十分に検討した上で、適切な時期に適切な方法を選んで治療を行っています。
緊急な対応が必要な救急疾患にも昼夜問わず迅速に速やかな入院および手術治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿、上腕) 174 4.17 17.09 83.91% 79.74
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 119 2.40 14.13 17.65% 68.61
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 61 4.33 12.95 37.70% 60.67
K0811 人工骨頭挿入術(股、肩) 59 5.75 17.51 93.22% 83.15
K0821 人工関節置換術(股) 58 4.66 23.17 22.41% 73.76
当科の特色は、内視鏡などを使用した低侵襲手術(体への負担の少ない手術)を数多く取り入れて、できるだけ術後の痛みが少なく、早期に退院ができるように工夫している点です。
特に当院では神経痛やしびれの原因となる脊椎疾患に対する治療や、リウマチや変形性関節症に対する人工関節置換術、関節鏡による膝関節手術、足の変形をきたす外反母趾に対する形成術を得意としています。
高齢化に伴う大腿骨の骨折観血的手術症例が多くなっていますが、脊椎疾患に対する内視鏡を用いた脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術の症例が119件と多いのが当科の特徴です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 51 1.02 7.22 0.00% 54.18
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K0081 腋臭症手術(皮弁法) - - - - -
K476-2 再建乳房乳頭形成術 - - - - -
K013-21 全層植皮術(25未満) - - - - -
当科の特徴は、乳がんの患者さんに、整容面でも満足していただけるように、乳腺外科とのチーム医療の中で、乳房再建手術、乳輪・乳頭再建手術が行えることです。
平成28年度はゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)を51件行い、昨年度よりも14件増え、年々増加傾向にあります。
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建とは、シリコン製の人工乳房(インプラント)を入れる方法です。
※医師の異動に伴い、平成29年10月からゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術は実施できませんが、平成30年5月より再開予定です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 0.88 9.97 18.75% 74.22
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 19 3.21 34.63 52.63% 67.68
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 12 0.92 19.08 58.33% 73.00
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 11 8.82 25.45 18.18% 60.91
K1742 水頭症手術(シャント手術) 10 16.80 16.80 40.00% 64.00
当科は、特に脳血管障害に重点を置いており、当院の脳血管内科との密接な連携により迅速かつ適切な診断・治療を行っています。
慢性硬膜下血腫とは、原因不明ですが膿と頭蓋骨の間に血液のたまった袋が出来て増大し、ゆっくりと脳を圧迫する病気です。手術は5㎝ほど頭皮を切開して、1.5㎝程度の穴を頭蓋骨にあけ、封炉の中の血液を吸出し、1日チューブを留置するといったものです。
脳動脈瘤とは、脳血管の分岐部に瘤ができる病気です。瘤が破裂すればくも膜下出血になります。手術は頭皮を耳介前方から前額部にかけて?マーク状に切開、骨弁をはずして瘤に至り、瘤の根本にクリップをかけて瘤に入っていく血流を遮断するといったものです。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 185 2.92 1.76 0.00% 74.96
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 32 1.25 6.47 3.13% 68.28
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
当科は、白内障手術が主で、高齢者が多く、近隣の医療機関からの紹介患者さんも数多く入院されています。
入院を基本としていますが、ご希望される方には外来手術(日帰り手術)も行っています。
白内障手術のほかには、糖尿病性網膜症等の硝子体茎顕微鏡下離断術や、緑内障手術なども行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 15 1.27 13.80 0.00% 57.13
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) - - - - -
慢性中耳炎、真珠性中耳炎に対して病変の除去や、耳小骨再建による聴力の改善を目的とした鼓室形成術を行っています。
そのほかにも、慢性扁桃炎、扁桃肥大に対して口蓋扁桃手術(摘出)や、慢性副鼻腔炎に対して内視鏡下鼻・副鼻腔手術を行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 37 0.86 4.97 0.00% 78.89
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹、上腕、肩、前腕、下腿) 14 0.50 1.64 0.00% 50.86
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 11 0.09 1.18 0.00% 43.00
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) - - - - -
当科は、診断から治療の必要性・方針まで、詳しく説明できる体制が整っています。
皮膚悪性腫瘍切除だけでなく、良性腫瘍に対する切除術も多く行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他のもの) 159 2.31 4.22 4.40% 74.33
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 83 2.13 5.41 4.82% 72.31
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 69 1.81 4.28 5.80% 62.06
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 46 1.91 5.96 23.91% 74.54
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 20 2.70 11.10 0.00% 67.75
平成28年度は前立腺肥大症に対する経尿道的レーザー前立腺切除術が159件と多く、平均在院日数は7.53日でした。
膀胱がんに内視鏡的に行われる経尿道的膀胱悪性腫瘍手術を83件行っています。
尿路結石の治療は体外衝撃波破砕術を含めすべてに対応可能ですが、レーザーによる経尿道的尿管結石除去術を69件行っています。
最も多い経尿道的レーザー前立腺切除術は、内視鏡を用いて経尿道的に行う手術です。光ファイバーから高出力レーザーを照射し、肥大した前立腺組織を蒸散させて、尿路のつまり(閉塞)を取り除く治療法です。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1901 脊髄刺激装置植込術(16極以下ジェネレーター) - - - - -
K1344 椎間板摘出術(経皮的髄核摘出術) - - - - -
脊髄刺激療法とは、脊髄に微弱な電気刺激を流すことにより、慢性の痛みを和らげる治療です。
高齢者も多く、合併症をもつリスクの高い症例や内視鏡を使った低侵襲の手術症例の増加に伴い、麻酔管理がますます複雑化していく中、新しい麻酔方法や麻酔薬を取り入れながら、関係各科、および手術室スタッフをはじめとする多職種の医療スタッフ協力のもと、より安全で患者満足度の高い周術期管理を提供すべく日々努めています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 59 1.05 10.61 0.00% 60.19
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 48 0.90 3.85 0.00% 63.94
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 22 1.00 12.45 0.00% 65.23
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5センチメートル未満) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) - - - - -
当科の特徴として、乳がんの患者さんに、形成外科医と協力して乳房再建(乳房インプラント再建、乳輪・乳頭再建)を行っています。
平成28年度は乳腺悪性腫瘍手術は乳房切除術、乳房部分切除術などすべて合わせると134件行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 13 0.14%
異なる 29 0.31%
180010 敗血症 同一 25 0.27%
異なる 29 0.31%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 81 0.87%
異なる - -
入院契機の欄の「同一」は入院時に既に発症してあったことで、「異なる」とは入院後に発症したことを意味します。

播種性血管内凝固症候群とは、重篤な感染症、悪性腫瘍などの原疾患の急激な悪化と出血傾向の増加をきたした状態をいいます。
敗血症とは感染に起因し全身に炎症性反応をきたした状態をいいます。
手術・処置等の合併症は透析シャントの合併症(狭窄、閉塞など)や術後の創部感染、挿入物(尿路カテーテル、人工股関節など)の感染によるものです。

急性期の救急搬送を多く受け入れている当院は、播種性血管内凝固症候群や敗血症を発症して搬送される高齢の患者さんがいらっしゃいます。そのような患者さんが救急搬送されているということは、地域医療の中核病院としての役割を果たしていることを表しています。
更新履歴
2017/09/28
平成28年度DPCデータによる病院指標を公開しました。