/
PH

各診療科のご案内|診療案内

微生物検査|検査技術科

 提出された検査材料(喀痰・尿・膿・血液・便など)から、塗抹検査(グラム染色・抗酸菌染色)や培養検査を行い、感染症の原因となる細菌の分離・同定を行います。さらに、その細菌に対する薬剤感受性検査を行います。また、インフルエンザウイルス抗原検査やマイコプラズマ抗体検査等の各種迅速検査も行います。

塗抹検査

喀痰中の肺炎球菌
喀痰中の肺炎球菌

検査材料を染色して鏡検し、感染症の原因となる細菌を推定します。

培養・同定検査

培養風景
培養風景

 検査材料を各種培地(細菌の発育に必要な栄養を含ませた寒天)に塗布し、細菌の発育しやすい環境下において培養します。さらに培養した細菌の様々な性状により菌名を確定します。

血液培養装置 培養された肺炎球菌のコロニー 培養された肺炎球菌のコロニー
血液培養装置 培養された肺炎球菌のコロニー

薬剤感受性検査

培養された種々の細菌に有効な抗菌薬を検索します。

細菌同定・薬剤感受性装置
細菌同定・薬剤感受性装置

遺伝子検査

結核菌群とMACを検出します。

TRCReady-80
TRCReady-80

迅速検査

 インフルエンザウイルス抗原検査、マイコプラズマ抗体検査、A群溶連菌検査、尿中肺炎球菌抗原検査、尿中レジオネラ抗原検査、C.difficile毒素検査などを行います。

検体検査 生理機能検査
みなさんの体から採取した血液や尿などの成分を分析する検査です。
※検査内容によって複数本採取する場合があります。
みなさんの体に直接機器をあてて行う検査です。心電図や脳波、超音波検査などが含まれます。
患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0