/
PH

各診療科のご案内|診療案内

特別顧問/医療技術部長 花田 清彦医学放射線学会診断専門医
放射線科部長 柿原 大輔医学放射線学会診断専門医
放射線科医員 植田 稔医学放射線学会治療専門医
放射線科医員 中村 勇星

(2022年4月1日現在)

放射線科は画像診断、血管造影を治療に応用するIVRと放射線治療部門により構成されています。
当院における画像診断はCT、MRI、RI(シンチグラフィー)が中心で、装置(CT2台、MR2台)のフル稼働により検査の待ち日数はほぼ0日です。読影する放射線科医は3名ですが、こちらもフル稼働です。少しでも早く読影レポートを完成させ、治療方針に役立てたらとモチベーションを高く維持しています。
当院はいわゆる中規模病院に入ると思いますが、そのため各科間の敷居が低く、情報の伝播が速く、行動がすばやく行える利点があります。
臨床に即した診断レポート作成を心がけております。
血管造影検査はカテーテルを使った治療(IVR)が最近では大多数を占めています。癌に対する治療のみならず、喀血や消化管出血に対する止血治療も行っています。

放射線治療装置のご案内

最新の高精度放射線治療装置TOMO Therapy(トモセラピー)に更新し、順調に稼働しています。
この装置は、身体の周りを回転して照射する方式(ヘリカル)をとり、複雑ながんの形状に応じて、放射線に強弱をつけて照射ができる最新鋭の装置です。
毎回装置に付属するCTで撮影を行い、正確な位置合わせを行い、周辺の正常組織をさけ、がんの部分により高い線量の放射線を照射することが出来ます。

がんをピンポイントに狙い撃ちできる高精度放射線治療装置です。

前立腺癌に特に有用です。

また、本装置は、角度を固定したまま照射できる機能(トモダイレクト)も備えています。
これまでと同様の治療も可能であり、幅広い治療が可能です。
総合的にがんの部位・種類に応じてより精度の高い治療ができるようになっています。放射線治療品質管理を重点に置いた技師配置をする事で、厳密な治療品質管理を行い、より安心して治療に臨める体制を整えています。

2022年4月

放射線科部長  柿原 大輔

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0