/
PH

各診療科のご案内|診療案内

緩和ケアセンター

診療科一覧へ戻る

 当院の「緩和ケアセンター」は、すべてのがん患者さんやそのご家族等に対して、診断時から切れ目のない緩和ケアを提供するために、「緩和ケア科外来」・「緩和ケアチーム」・「緩和ケア病棟」を統括し、医師・看護師を中心とした多職種が連携した緩和ケアに関するチーム医療を提供します。

緩和ケア外来

 九州中央病院は、癌に対して手術、抗がん剤治療、放射線治療など高度な治療に取り組むと同時に、がんに伴うつらさ(痛みなどのつらい症状、こころの問題、療養上の気がかり)を解決する事も大切と考えています。

 緩和ケアは身体的・精神的・社会的な苦痛など、がん診療のすべての過程で経験する様々な苦痛に対応することで患者さんとその家族のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を改善する取り組みです。また、緩和ケアは終末期がん医療と理解される傾向にありますが、がんと診断された時から緩和ケアははじまっています。当院ではがん治療を受けながら、あらゆる過程で経験する様々な苦痛のご相談をお受けし、多職種から成るチームで対応いたします。

外来担当表

中村 俊彦 新患
10:00~12:00
再来
13:00~15:00
新患・再来
13:00~15:00
再来
10:00~12:00
新患
13:00~15:00

※ 必要に応じて、当院心療内科と連携して診療を行います。
※ すべて予約制となっております。

紹介病院の担当者の方へ

状態の安定している方の定期外来通院は、紹介病院またはかかりつけ医にお願いすることがあります。(特別な事情がある場合は、個別にご相談ください。)

緩和ケアチーム

医師
中村 俊彦 (緩和ケア科部長)
武末 文男 (総合外科部長、身体)
河田 浩 (心療内科部長、精神)
本山 嘉正 (麻酔科医長・ペインクリニック、身体)
看護師
三宅 ひとみ (緩和ケア認定看護師)
薬剤師
佐々木 好美 (がん専門薬剤師)
江嶋 祐樹 (薬剤師)
臨床心理士
髙田 美穂子、前原 葉子 (臨床心理士)
管理栄養士
小宮 直子、満永 真理子 (管理栄養士)
リハビリ
加藤 恭平 (作業療法士)
医療ソーシャルワーカー
木屋 貴詩 (医療ソーシャルワーカー)

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟とは

がん患者さんなどの治ることが難しい病気による痛みや辛い症状に対し、専門的に緩和ケアを提供する病棟です

病棟理念

『私たちは、あなたの歩んできた人生に敬意をはらい、あなたとあなたの大切な人達が充実した今を過ごせるよう寄り添います』

基本方針

1)からだと心のつらい症状をやわらげるように支援します

2)あなたとあなたの大切な人の思いを尊重します

3)専門職チームと共に考え、最善をつくします

入院対象

  • 悪性腫瘍の診断を受けており、患者さん・ご家族が病名、病状について理解している。
  • 患者さんおよびそのご家族が緩和ケア病棟の方針を理解し、サポートを希望している。
  • 積極的ながん治療が実施されておらず、今後もその予定がない。ただし疼痛などの症状コントロールや緩和照射が目的の場合は除きます(症状が落ち着いたら、転院または自宅退院できるよう支援いたします)。
  • 危篤時に人工呼吸器・胸骨圧迫などの延命措置を行わないことを理解できている。

以下の入院は受け付けていません

  • 18歳以下。
  • 長期療養を目的とした入院。
  • 精神科疾患・認知症患者(その症状が他の患者さんの迷惑やスタッフの負担にならない程度にコントロールされている場合は緩和ケア病棟入退室判定会議で入院の可否を検討します)。

入院までの流れ

入院申し込み

1.当院で治療中の方

 主治医に緩和ケア病棟入院希望の旨をお伝えください。主治医が緩和ケア科に連絡し、面談日を予約します。ご本人・ご家族は面談日までに『緩和ケア病棟入院説明書』をご確認していただき、『緩和ケア病棟問診票』のご記入をお願いします(書類はお渡しいたします)。面談の際はご家族の同席をお願いします。ご本人は体調が悪ければ必ずしも同席する必要はありません。

2.他院で治療中の方

 担当医へ当院緩和ケア病棟入院希望の旨をお伝えください。担当医は『診療情報提供書』と『緩和ケア病棟入院依頼書』を、ご本人またはご家族は『緩和ケア病棟問診票』をご記入頂き、当院地域医療連携室へFAXしてください。後日、面談の可否・面談日を記載した「予約通知書」を担当医へFAX致します。面談の際はご家族の同席をお願いします。ご本人は体調が悪ければ必ずしも同席する必要はありません。
 CT・MRIなどの画像検査があればCD-ROMを面談時に持参ください。
 ご本人・ご家族は面談までに『緩和ケア病棟入院説明書』をご確認ください。

入院決定

緩和ケア病棟入退室判定会議で検討した後、入院の可否・入院日を連絡いたします(入院は面談順ではありません)。

設備案内

※写真をクリックすると拡大表示します。

特別個室

  • 室料 17,600円/日(税込)
  • 設備 テレビ(無料)、冷蔵庫(無料)、ウォッシュレット、ソファーベッド、ユニットバス、ミニキッチン、畳の小上がり

有料個室

  • 室料 5,500円/日(税込)
  • 設備 テレビ(無料)、冷蔵庫(無料)、ウォッシュレット、ソファーベッド

一般室 トイレあり

  • 室料 なし
  • 設備 テレビ(有料)、冷蔵庫(有料)、ウォッシュレット

一般室 トイレなし

  • 室料 なし
  • 設備 テレビ(有料)、冷蔵庫(有料)

家族控室

  • 室料 なし(要予約、2泊まで)
  • 設備 敷布団(1,100円、必要な方のみ)

その他

入院費について

入院にあたって必要な費用は「医療費」と「医療費以外」に分けられます。
入院費用については、健康保険(後期高齢者医療)制度、福祉医療制度、高額療養費制度などの各種保険が適応できます。

医療費

 年齢と収入に応じて月の医療費の上限があります。

医療費以外

  • 食事代(460円/1食) 高額療養費制度利用で変動あり
  • 病衣代(110円/日 税込)
  • オムツ代(132円~ 税込) 持ち込み可
  • 差額室料

 ※ 詳しくは、医療ソーシャルワーカーへ相談ください。

スタッフ紹介

患者さんやご家族をサポートするために専門のスタッフが関わります。

スタッフ紹介

  • 緩和ケア科医師
  • 看護師(緩和ケア認定看護師・がん性疼痛認定看護師・皮膚排泄ケア認定看護師含む)
  • 心理カウンセラー
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
  • ソーシャルワーカー

よく聞かれる質問と回答

緩和ケア病棟に入院するにはどうしたらよいですか

当院に入院又は通院中の方は、主治医・看護師へおたずねください。当院以外の医療機関を受診中の方は当院の地域連携室へお電話ください。主治医からの紹介状が必要です。(緩和ケア病棟の入院までの流れをご参照ください)

緩和ケア病棟では、どのような治療をうけることができますか

緩和ケア病棟では、抗がん剤治療は致しませんが、身体や気持ちのつらさを和らげる治療やケア、症状緩和の為の放射線治療、リハビリテーションなどを行っています。心肺蘇生や、人工呼吸器の装着、人工透析は行いません。

家族の中で、まだ抗癌剤治療をさせたいという意見があります

緩和ケア病棟では、抗がん剤治療は行いません。ご家族の中で意見が一致しない場合には、ご本人の意思を確認した上でご家族での話し合いが必要です。

一度入院したら、もう退院できないのでしょうか

いつでも退院することができます。ご自宅で安心して療養生活を送ることが出来るように、往診の医師や訪問看護を調整いたしますので、退院希望のある方はご相談ください。

入院中、付き添いはできますか

現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、面会制限を行っています。詳細につきましては、主治医またはソーシャルワーカーを通してお問い合わせください。

子供の面会は出来ますか

現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、面会制限を行っていますが、お子様の面会もできます。詳細につきましては、主治医またはソーシャルワーカーを通してお問い合わせください。

緩和ケア病棟を見学したいのですができますか

現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、緩和ケア病棟の見学は行っておりません。

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0