/
PH

各診療科のご案内|診療案内

血管外科医長 岩佐 憲臣外科学会専門医
日本心臓血管外科専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医・指導医
日本脈管学会認定脈管専門医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
日本血管外科学会認定血管内治療医

(2019年4月1日現在)

概要

 2019年度より血管外科が新設となりました。高齢化社会や糖尿病、透析人口の増加から動脈硬化症は激増しております。血管外科では腹部、四肢末梢の血管疾患を担当し、従来からの外科治療に加えて低侵襲の血管内治療(カテーテル治療)を積極的に取り入れ動脈硬化症を患う患者さんに過不足ない治療を提供して、地域の医療施設との医療連携の構築にも努めてまいります。また、下肢静脈瘤に対しても低侵襲な血管内レーザー焼灼術を導入しました。血管疾患が疑われる場合は一度ご相談ください。

診療内容

閉塞性動脈硬化症

間欠性跛行や難治性創傷など症候性の下肢虚血に対して積極的に血行再建術(カテーテル治療・バイパス手術)を行っております。特に安静時痛や潰瘍を伴う重症虚血肢は切断することによる生活の質(QOL)の低下が著しいため、可能な限り下肢切断を回避するため積極的な血行再建を行っています。

▲ 重症虚血肢

<カテーテル治療(血管内治療)>

▲ 大腿動脈ステント留置

<バイパス手術>

血行再建の標準治療はバイパス手術を含めた外科的血行再建術です。可能な限りカテーテル治療を基本とした低侵襲治療を行いますが、カテーテル治療が困難な場合や、繰り返すカテーテル治療によりかえって生活の質を損ないかねない場合なども少なくありません。バイパス手術が唯一の血行再建手段となる場合もあります。このようにカテーテル治療の適応がない場合は、バイパス手術を行うことで症状が改善します。

▲ 大腿-膝窩動脈バイパス

▲ 下腿動脈バイパス

▲ 血行再建後、創処置・治癒

大動脈瘤

腹部大動脈瘤の治療では、総合的に評価した上で動脈瘤切除再建術(人工血管置換術)や腹部ステントグラフト内挿術を行っています。高齢者などは合併疾患を評価した上で低侵襲なステントグラフト治療を検討します。開腹することなく、カテーテルを用いて、動脈瘤を治療します。

▲ 超高齢腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤に対しても低侵襲な血管内レーザー焼灼術を導入しました。 下肢静脈瘤は血管外科が扱う疾患の中では最も良性で最も多い疾患です。この病気の本態は主に下肢の表在静脈(伏在静脈)の逆流防止のためにある静脈弁が正常な機能を失い、立っている時や、歩いている時に血液が逆流、うっ血し静脈がこぶ状に拡張、蛇行することです。 症状のなかで最も多いのが下肢のだるさ、痛み、むくみですが無症状のことも多く外見上の醜態が唯一の訴えの場合も少なくありません。下肢静脈瘤は外来において、血管エコー検査を用いることで痛みを感じることなく確実に診断が可能です。 基本的に無症状静脈瘤は手術の必要はありませんが、有症状の場合は下肢の症状を緩和させるため静脈逆流の重症度に応じた治療が必要となります。欧米では伏在型静脈瘤の第一選択は血管内レーザー焼灼術となっており、本邦でもその傾向が認められつつあります。前任地での500例以上の経験を元に、当院でも導入となりました。これまで「(介護や仕事が)忙しくて治療ができない」「術後痛いのがいや」など手術を敬遠されてきた患者さんたちにも手術を受けることが可能となっています。

その他の血管疾患

四肢急性動脈閉塞症、腹部内臓動脈瘤、腎動脈狭窄、深部静脈血栓症など

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0