/
PH

各診療科のご案内|診療案内

脳梗塞の予防的外科治療について(頸動脈内膜剥離術とSTA-MCAバイパス術)

脳梗塞にはいろいろなタイプがありますが、その中でも外科手術によって脳梗塞発症の予防が可能なものがあります。
最も代表的なのは頸部頸動脈狭窄症による脳梗塞です。これは首の両側を走る頸動脈の中に動脈硬化などによりプラークが形成され、それが原因で脳血流量の低下をきたしたり、血栓(血のかたまり)を形成して脳の血管を詰まらせ脳梗塞を発症するというものです。頸動脈の狭窄病変の発見にはエコー検査やMRI、CTが有効ですが、病変が発見された場合にはその狭窄病変の程度と症状の有無によって治療が必要かどうかを判断します。

治療方法としては外科手術(頸動脈内膜剥離術)と血管内手術(ステント留置術)があります。頸動脈内膜剥離術(CEA)は頸動脈内のプラークを外科的に摘出する手術です。血管内手術は血管の中からカテーテルを通して、ステントと呼ばれる金属性の筒状の網を狭窄部に留置して内部から細くなった血管を拡張する方法です。当院では頸動脈病変に関しては基本的には外科手術(CEA)を行っていますが、症例に応じて血管内治療(ステント留置術)も行っております。

頸動脈病変に対する当院での治療例

▼頸動脈内膜剥離術

▼ステント留置術

頸動脈内膜剥離術やステント留置術は基本的には細くなった詰まりかけの血管を広げる治療ですが、完全に詰まってしまった場合には足りなくなった血流を他の血管からもってくるというバイパス手術を行うことがあります。具体的には頭の皮膚を養っている浅側頭動脈を中大脳動脈という脳の動脈につなぐ方法が広く行われています(STA-MCAバイパス術)。当院でも脳血管の閉塞性病変がある患者さんには脳の血流が足りているかどうかの検査をまず行い、必要であればSTA-MCAバイパス術を奨めています。

当院でのSTA-MCAバイパス術の施行例

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0