/
PH

各診療科のご案内|診療案内

脳腫瘍の治療について

脳腫瘍には良性腫瘍(髄膜種、聴神経腫瘍、下垂体腺腫)と悪性腫瘍(神経膠腫、悪性リンパ腫)がありますが、当院では外科治療(手術)、放射線治療、化学療法、血管内治療を組み合わせ、それぞれの患者さんに対して最も効果的な治療を行っています。

良性腫瘍については腫瘍の大きさや患者さんの年齢、症状などを総合的に考え手術による摘出が必要かどうかを判断します(一般的には良性腫瘍は成長する速度が遅いため、そのまま経過観察する例もあります)。
手術は基本的には全摘出を目指しますが、腫瘍の性状や患者さんの状態によっては合併症を最小限に押さえるために部分摘出にとどめることもあります。また、症例に応じて手術前に血管内治療による腫瘍栄養血管塞栓術を行い、術中出血を最小限に押さえる工夫を行っています。

当院での良性腫瘍(髄膜種)の手術例

悪性腫瘍(神経膠腫、悪性リンパ腫など)に関しては、手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた集学的治療を行い生存期間の延長を目指します。特に神経膠腫に関しては九州大学脳神経外科の協力のもと、腫瘍の遺伝子解析を行いその結果から患者さんひとりひとりに合ったテーラーメイド治療を行っています。

また、肺がんや乳がんからの転移で起こる転移性脳腫瘍に関しても、症例に応じて手術、放射線治療、定位放射線治療(ガンマナイフなど)の中から最も適している治療法を選択あるいは組み合わせて行っています。

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0