/
PH

各診療科のご案内|診療案内

摂食嚥下サポート室・摂食嚥下・NST外来

診療科一覧へ戻る

第7回スマイルネットワーク研修会を開催いたしました(報告)

 今回は「情報共有」について、それぞれ専門職が持っている情報を誰に、どのように伝えたら有効活用できるかを意見交換した。
 当院リハビリテーション科部長竹迫より、病院‐在宅間、チーム間での情報共有の重要性を痛感した一例として、「糖尿病・認知症を有し何度も入退院を繰り返した独居高齢者の事例」を情報提供した。
 ケアマネ、訪問看護管理者、医療ソーシャルワーカーの立場から現状と課題について、それぞれの意見を頂いた。
 また、当院管理栄養士渡辺からは情報共有のための栄養手帳の活用の提案があった。

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0