/
PH

各診療科のご案内|診療案内

基本理念

患者様の笑顔を喜びとし
真心のこもった責任ある
リハビリテーションを提供します。

リハビリテーションスタッフ

当院では入院直後より患者さんが最大限回復を促せるようにリハビリテーションスタッフがサポートいたします。

医師 部長 竹迫 仁則
理学療法士 リハビリテーション士長 渡辺 寛 主任 木村 香江 主任 吉村 恵三
白澤 倫子 村上 美咲 森田 昌嗣
堀之内 圭介 藤原 美奈子 中尾 仁美
吉光 敏貴 大坪 玲奈 三苫 明里
衛藤 文門
作業療法士 主任 加藤 恭平 中山 涼介 牧井 彩香
辻生 祐紀恵
言語聴覚士 主任 荒巻 浩平 本村 彩香 梶原 康暉

(2021年4月1日現在)

リハビリテーションの特色

 リハビリテーション科では、急性期特化の医療施設としての役割を担い、入院患者さんを対象にリハビリテーションを行っております。発症直後または術後早期のリハビリテーションを実施しております。
 発症後、手術翌日より、リハビリ介入し臥床期間の短縮に心がけ急性期リハビリに必要なリスク管理をしっかり行いながら、廃用予防に努め患者さんの回復を最大限に促せるようリハビリスタッフ一丸となってがんばっています。
 切れ目のない医療を提供するため連携パス体制を整えスムーズな回復期病院の転院を図っています。

当院の疾患別リハビリテーションの特長

脳血管等リハビリテーション料(Ⅰ)

脳卒中発症直後から医師・看護師と密な連携を図り、徹底したリスク管理のもと可及的早期にリハビリテーションを開始しています。脳卒中発症後は運動麻痺や高次脳機能障害などの後遺症を呈し、発症前のような日常生活を送ることが困難になる場合があります。患者様が早期に日常生活動作を再獲得し社会復帰できるように、患者様の症状に応じて理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が訓練を行います。また、当院ではパーキンソン病に対して米国で有効性が確認されているリハビリテーションプログラム(LSVT® LOUD、LSVT® BIG)を実施しております。

運動器リハビリテーション料(Ⅰ)

骨折、変形性関節症、腰痛、頚部痛、肩痛、スポーツ障害などの運動器疾患を持つ人々に対して運動療法(ストレッチングや筋力増強訓練など)や物理療法、装具療法などを用い、身体機能を可能な限り改善することを目的とします。日常生活の質(QOL)の維持、向上のために術後早期から対応し、早期回復・早期復帰を目指して、リハビリテーションに取り組んでいます。

呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)

肺炎や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺気腫等の呼吸器疾患を持つ患者様に対し、息苦しさの軽減や呼吸器の運動機能を改善させるため、呼吸方法の指導や呼吸筋のトレーニングなど「呼吸リハビリテーション」を行います。楽に呼吸が出来るようになり、活動範囲を広げられるよう、サポートしていきます。

心大血管リハビリテーション料(Ⅰ)

心筋梗塞、心不全、急性大動脈解離、閉塞性動脈硬化症といった、心臓・大血管疾患の患者様に対して、心臓リハビリテーションを行っています。早期退院や社会復帰ならびに再発予防をめざして、専門職(医師、理学療法士、作業療法士、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーを含む)で連携し、運動療法、学習活動、生活アドバイスなど、個別的で効果的なプログラムを実施します。適切な運動療法を行うことで、様々な効果(体力向上、楽に動ける、心臓への負担軽減、高血圧改善、再発予防など)をもたらすことが科学的にも証明されています。

がん患者リハビリテーション料

がんと診断されてから受けるリハビリテーションは一般的に、予防的、回復的、維持的および緩和的の大きく4つの段階に分けることができます。当院では周術期のリハビリテーションから化学療法、放射線治療中のリハビリテーションまでチーム医療で介入しています。さらに診断後早期から終末期にかけて痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に対し、苦痛の予防と緩和を行うことで、QOL(Quality of Life:生活の質)の高い生活が送れるように緩和的リハビリテーションを実施しています。

理学療法

身体に障害がある者に対し、主としてその基本的能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、温熱その他の物理的手段を加えること

作業療法

身体又は精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療、指導及び援助を行うこと

言語聴覚療法

音声機能、言語機能又は聴覚に障害がある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練、嚥下訓練、その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うこと

当院のリハビリテーションは医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、栄養士等が連携しチームの一員となって行っております。

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0