/
PH

各診療科のご案内|診療案内

婦人科部長 衛藤 貴子日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
婦人科医長 ウロブレスキ 順子日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会専門医・指導医
婦人科医長 松下 知子日本産科婦人科学会専門医

(2021年4月1日現在)


婦人科は思春期からシニア世代まで女性の一生をサポートする診療科です。一人一人に適した検査、治療を行ってまいります。

今年度より、良性疾患を中心に腹腔鏡手術も含めた手術療法も開始することになりました。総合病院であるため、他診療科と連携をとりつつ治療を行うことができます。婦人科医は3人とまだ少ないため、悪性腫瘍などで当院で十分に対応できない場合は、治療のできる病院をご紹介させていただきます。

以下の症状や何かお困りのことがありましたらお気軽に婦人科外来にお越しください。

診療内容

  • 子宮頸がんワクチン接種
  • 婦人科がん検診(子宮頸がん、子宮体がん)
  • 外陰部の異常(かゆみ、不快感など)
  • おりものの異常(量、においなど)
  • 性感染症の検査
  • 不正性器出血
  • 月経の異常(痛み、量、不順など)
  • 下腹部痛
  • 子宮筋腫、卵巣腫瘍の定期検診
  • 更年期症状
  • 骨盤臓器脱(子宮や膀胱、直腸などが下がってくること)

子宮頸がんワクチン接種をご希望の方へ

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種は月~金曜日(祝日・年末年始を除く)の13~15時に行っています。(月・木は手術日のためお問い合わせください。)接種をご希望の方は電話にてご予約をお願いいたします。

また、接種を迷っている方への相談にも応じます。こちらもご予約ください。

TEL 092-541-4936(代表)

4価HPVワクチン(ガーダシル)

  • 接種年齢 9歳以上 男女
  • 接種回数 合計3回
  • 費用 小学6年生~高校1年生相当の女子は公費助成あり その他は自費

9価HPVワクチン(シルガード9)

  • 接種年齢 9歳以上の女子
  • 接種回数 合計3回
  • 費用 自費のみ

シルガード9の接種にあたっては全例登録が義務づけられています。このため、接種される方が「ワクチンQダイアリー」というシステムに登録していただく必要があります。接種される方に、「スマートフォンまたはタブレット端末」と「Emailアドレス」をあらかじめ用意していただくことが必要です。登録については初回接種時にご説明しますので、来院時には「スマートフォンまたはタブレット端末」をお持ちください。

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0