/
PH

各診療科のご案内|診療案内

 
副院長
整形外科部長
有薗 剛(専門分野:脊椎外科、脊椎内視鏡手術)
日本専門医機構整形外科専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会リウマチ医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本脊椎脊髄病学会指導医
脊椎脊髄外科専門医
脊椎内視鏡下手術・技術認定医
脊椎外科部長 井口 明彦(脊椎外科、脊椎内視鏡手術)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
脊椎内視鏡下手術・技術認定医
関節外科部長 濱田 貴広(膝関節外科、関節鏡手術、関節外科、手の外科、外反母趾)
日本専門医機構整形外科専門医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会リウマチ医
整形外科医長 泉 貞有(脊椎外科、関節リウマチ、外傷)
日本専門医機構整形外科専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会指導医
脊椎脊髄外科専門医
整形外科医長 今村 隆太(脊椎外科、手の外科、外傷)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
整形外科医員 中村 公隆(股関節、膝関節、関節鏡、関節リウマチ、外傷)
日本整形外科学会専門医
整形外科医員 副島 悠(関節外科、外傷)
整形外科医員 境 真未子(関節外科、外傷)
整形外科レジデント 吉本 将和(関節外科、外傷)
整形外科レジデント 田中 一成(関節外科、外傷)
整形外科非常勤 時任 毅(関節リウマチ)
日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本リウマチ財団リウマチ登録医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医

(2021年4月1日現在)

当科の特色

内視鏡などを使用した低侵襲手術(体への負担の少ない手術)を数多く取り入れて、できるだけ術後の痛みが少なく、早期の退院ができるように工夫しています。

診療の実際

整形外科では四肢(手足)や脊椎(背骨)に起こる運動器疾患のほとんどを取り扱っていますが、特に当院では神経痛やしびれの原因となる脊椎疾患に対する治療や、リウマチや変形性関節症に対する人工関節置換術、関節鏡による膝関節手術、足の変形をきたす外反母趾に対する形成術を得意としています。その他骨折等の外傷や膝などのスポーツ障害に対する治療などを数多く行っています。

関節外科

関節外科は、体の動きに重要な関節の働きをできるだけ元の状態に戻すことを目標とします。また関節の痛みの原因として、年齢とともに軟骨が傷んで変形が進んでいく変形性関節症という病気があります。これは加齢変化なので、傷んでしまったものを元に戻すことは現時点では難しいとされています。その様な場合は、傷んだ部位の負担が軽くなる様に矯正骨切り術を行なったり、変形が進行した関節に対しては傷んだところを金属に置き換える人工関節手術などを行なっています。(図1参照)
当院では主に股関節、膝関節などの下肢の治療を中心に行なっております。
股関節に関しては加齢変化に伴い軟骨がすり減ると、体重をかける時に痛みを感じるようになり、更に進むと安静にしていても痛みが出るようになります。このような方には人工股関節置換術が行われますが、当院の特徴としては、できるだけ関節周囲の筋肉を傷めず、術後の合併症である脱臼の危険性を減らすことのできる前側方進入による人工股関節置換術(ALS THA)をほとんどの症例で行なっております。
膝関節に関しては、関節の中にある靭帯や半月板などが傷んでいる場合は、1cm程度の小さな切開で関節の中に内視鏡を入れて手術を行う低侵襲な関節鏡手術を中心に行っています。また、年齢とともに軟骨がすり減ってくる変形性膝関節症に対しては、症状、年齢、変形の程度に合わせて、関節鏡手術、矯正骨切り術、人工関節置換術それぞれのメリット、デメリットを説明した上で患者さんの状態とご希望に沿った治療を行っています。人工関節置換術の中でも比較的低侵襲な片側だけを取り換える人工膝関節単顆置換術も状態に応じて行なっています。(図2~4参照)
術後の痛みが心配と感じる方も多いと思いますが、当院では術後の痛みを和らげる治療も積極的に取り組んでおり、様々な薬剤を使用し、できるだけ術後の疼痛を減らし、早期からリハビリが開始できるように最大限の工夫を行っています。また退院後はご自宅で行えるようなリハビリを入院中に指導しておりますが、必要に応じて地域の病院と連携を取りながらリハビリを継続しています。

(図1)

▲ 左変形性股関節症(術前)

▲ 左人工股関節置換術 術後

(図2)O脚の矯正をして、内側の痛みを軽減させる高位脛骨骨切り術

▲ 術前

▲ 術後

(図3)内側の傷んだところだけを金属に変える人工膝関節単顆置換術

▲ 術前

▲ 術後

(図4)人工膝関節全置換術

▲ 術前

▲ 術後

脊椎外科

▲ 内視鏡による椎間板ヘルニア摘出術

脊椎外科では適格な診断を行い、侵襲(体への負担)の少ない治療を提供する方針で治療を行っています。

A:治療の流れ

外来受診後に現在の状態を評価するためのX線撮影やMRI等を行い、お薬、ブロックなどの治療を開始します。その後も症状が続く場合には手術を検討します。

B:内視鏡を用いた体への負担の少ない低侵襲手術

手術では脊椎内視鏡(4K)や顕微鏡をいち早く導入し、これらの器具で得られる拡大された鮮明な画像を用いて手術の安全性を高めています。
腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアに対しては、脊椎内視鏡を積極的に用いて背骨の周囲の組織をできるだけ傷めない低侵襲手術を行っています。更に、直径7mmの内視鏡システムを用いた除圧術(FED、FEL)を導入し、より小さな皮膚切開で体への負担が少なく早期の社会復帰ができる手術が可能となりました。手術の方法はヘルニアの脱出部位、形態に応じて選択しています。腫瘍や広い範囲にわたる手術、頸椎や胸椎の後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、脊髄症などの病気に対しては顕微鏡を用いた手術を行っています。

<当院で行っている内視鏡手術の種類>

  • 完全内視鏡下腰椎椎弓形成術:FEL
  • 完全内視鏡下腰椎椎間板摘出術:FED
  • 内視鏡下腰椎椎間板摘出術:MED
  • 内視鏡下腰椎椎弓形成術:MEL

C:低侵襲脊椎安定術(MISt)

当院では低侵襲脊椎安定術(MISt:Minimally Invasive Spine Stabilization)が日本に導入された2006年の当初より施行しています。
神経の圧迫を除くのみの手術では十分な効果が期待できない場合や高度の不安定性(変性すべり症、分離すべり症など)がある場合、脊柱変形(成人脊柱変形、後側弯症など)、外傷などに対しては脊椎固定術を行っています。近年、固定に用いる手術機器の進歩は目覚ましく、当院ではそれらを応用して低侵襲脊椎安定術(MISt)による侵襲の少ない手術を行っています。

D:椎間板ヘルニアに対する酵素注入療法

腰椎椎間板ヘルニアに対しては、手術以外の方法として、針で椎間板の成分を分解する酵素(コンドリアーゼ)を注入してヘルニアの圧を低下させて症状を和らげる方法を行っています。コンドリアーゼ注入の場合、通常1日で退院できます。

E:経皮的後弯矯正術(BKP:Balloon Kyphoplasty)

高齢者に多い脊椎圧迫骨折に対して保存的治療の効果が得られない場合には、骨セメントなどを挿入する経皮的後弯矯正術(BKP:Balloon Kyphoplasty)を行っています。

F:手術件数

4人の脊椎外科指導医によって手術は行なわれ、年間の手術件数は300例を超えており、福岡市内では最も多い病院の一つです。

関節リウマチ

詳しくはリウマチ科のご案内をご覧ください。

主に行っている手術療法

肩関節
  • 腱板縫合
  • 関節鏡手術
  • 人工肩関節置換術
股関節
  • 人工股関節置換術
膝関節
  • 関節鏡手術
  • 靭帯再建術(前十字靱帯、後十字靱帯など)
  • 鏡視下半月板切除術・縫合術
  • 高位脛骨骨切り術
  • 人工膝関節置換術(及び単顆置換術)
足関節・足
  • 足関節固定術
  • 靭帯修復術(及び再建術)
  • 外反母趾矯正骨切り術
脊椎
  • 内視鏡手術
  • 除圧術(神経の圧迫を除く手術)
  • 固定術(神経の圧迫を除いた後、金属を用いて固定をする手術)
  • 椎体形成術
  • 脊柱変形の矯正手術

2020年手術実績

患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0