/
PH

保健師だより

Vol.2 ヘルスケアレター(運動編)

 みなさま朝夕涼しくなってきてますがいかがお過ごしですか?
 「今年こそは身体を動かしてみよう」と計画したものの半年過ぎてもなかなかできないという方も多いのではないでしょうか。私自身もいろんな知識(情報)を増やしてはいますが・・・身体をあまり動かせませんでした。
 そんな中、先日民放テレビで、「ハンガーを使用し肩甲骨を動かして消費カロリーを増やし痩せましょう」という内容の番組がありました。私も鏡を見ながら取り組みましたが、なかなか思うように動かせず、身体が硬いなぁ強張っているなぁと感じました。今回はその体操を紹介したいと思います。手元にハンガー1本あればできる簡単な体操です。身体をゆっくり動かして実践してみてください。
 この運動は肩周りの筋肉を動かすことで筋肉の強張りを少なくします。肩甲骨を動かすことにも繋がり、基礎代謝を上げることになります。
 メタボリックシンドローム症候群の予防として、身近なものを使って無理せず運動してみてはいかがでしょうか。

①ハンガーの両端を手で持つ

②手を伸ばし肩の高さに保ち、身体を前に倒す

③その手を真上に上げる

④手を上に上げたまま身体を横に倒す(左右)

⑤ハンガーを頭の後ろに下ろす

②~⑤を3回ずつ1日3~4セット行う

外来看護師
人間ドックアドバイザー
健康管理士一般指導員
木下 祐子

診療日・診療時間のご案内

TEL 092-541-4936
受付 平日 午前8時30分~午前11時00分
休診日 土・日・祝日・年末年始
緊急 救急を要する患者さんは救急外来で24時間対応いたします。
紹介状 紹介状をお持ちの方は地域医療連携室にお越しください。
受付時間はこちら>>

ピックアップ

  • 会員制サービス 九中フレンズ
  • がん診療について
  • 看護部について
  • 新病棟について
  • 地域医療支援病院について

採用情報

  • 初期研修医情報
  • 内科専攻医募集
  • 看護師(常勤職員)募集
患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

各種支援センター

調剤薬局薬剤師の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0