看護部トピックス

看護部トピックス

新人看護師が入職いたしました 2014年5月13日 ←看護部トピックス一覧へ戻る

 当院では平成26年4月より、46名の新採用看護師(新卒43名、既卒3名)を迎えました。例年3月末に入職に向けて希望者を対象に入職前研修を行っています。心身の準備を整え4月以降のリアリティショックを緩和させる目的で、懇親会等も行いました。今年度の入職前研修と新人ナースの感想をご紹介します。
研修風景
研修風景
 
新人看護師とプリセプター達
新人看護師とプリセプター達
 
 2日目の懇親会では、病院長や事務部長など病院幹部の紹介の後、看護部長、看護師長が自部署をアピールし、ミニゲームなどで親睦を深めました。

看護部長
原田看護部長
新人看護師  竹岡 静華
 入職前研修に参加し、九州中央病院のオリエンテーションを受け、院内の雰囲気を感じ、またスタッフの方と接することで、自分が働く職場のことを知り心構えができました。また、新人同士のグループワークで、これから共に頑張っていく仲間と親しくなり就職前の緊張感が少し和らぎ、職場での新たな友人ができ有意義な時間となりました。看護技術の演習では、基本的なことから丁寧に指導して頂き、これから自分自身の技術を磨いていこうと思いました。
 
伝言ゲーム
“背中に文字”で伝言ゲーム
正しく伝わる?
新人看護師  岩口 綾
 入職前研修では、基礎看護技術の講義と演習が行われ、入職前に学生時代に学んだことの復習をすることができました。また、実際に働いている先輩看護師を見て、社会人・看護師として働く事の責任を実感することができました。事前に職場の様子を知ることで、4月から働くにあたっての不安感が軽減し、これから頑張っていこうと実感できる研修になりました。
 
懇親会で
懇親会で
新人看護師  寺田 妃香里
 事前研修では、正しい手洗い、手指消毒の方法を学び、看護師の業務を行う上で感染管理の大切さを理解することができました。また看護師になって一番不安に思っていた「注射」を優しく先輩方に教えて頂き自信を持てました。入職前から、先輩方や1年目の仲間たちと交流でき、安心して4月を迎えることができた良い研修でした。
 
ルーキー看護師達
研修に熱心に取り組む
ルーキー看護師達
新人看護師  小茂田 早紀
 事前研修では、私達が特に不安に思っていた「注射」の技術指導や先輩方との親睦会という楽しい会があり、心身ともに看護師として当院で働く準備ができました。緊張と不安がいっぱいで押しつぶされそうでしたが、事前研修に参加したことで、多くの知り合いもできて希望を持ち、心強い気持ちで4月1日を迎えました。
0