/
PH

部活動紹介

ラグビー蹴球部

部活動一覧へ戻る

医師(日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医)、コーチ(日本ラグビーフットボール協会公認育成コーチ)の指導の下、自発的・自主的に練習会を行っています。運動不足の解消として単に汗を流すも良し、競技スポーツ、生涯スポーツとして技術の向上を図っても良し、の和気藹々とした部活です。

もちろん公式戦・大会、交流戦にも参加しています。7人制(セブンズ)の試合が主な実績になります。2013年より毎年12月に熊本で開催される「九州メディカルセブンズ」に出場していますが、2013年に初出場、初優勝の華々しいデビューを飾り、その後も2~4位と上位を維持していて、2017年には4年振りに優勝しました。これ以外にも、例年5月~6月に熊谷で開催される「メディカルセブンズ」、10月~11月に九州各県で開催される「九州医師会医学会 記念行事ラグビー大会」にも積極的に参加しています。

さて、2015 年ラグビーワールドカップ(W杯)・イングランド大会における日本代表の大活躍を皆さんご記憶でしょうか。予選プール初戦で強豪国である南アフリカ共和国を撃破し、3勝1敗の好成績を収めたものの、惜しくも決勝トーナメント進出を逃しました。2016年リオデジャネイロ五輪では男子の日本代表が予選の初戦で優勝候補のニュージーランドを撃破し、決勝トーナメントに進出。準々決勝で強豪のフランスを破るなど、堂々 4位の成績を収めました。しかしながら日本国内ではラグビーに関する認知度及び期待度は、2020年の東京五輪と比較して高いとは言えず、幅広い層への普及活動が2019年W杯日本開催の成功に向けての課題です。

当院は、2017 年7月~8月にニュージーランドのオークランド州代表の、10 月~11月には日本代表の福岡滞在時における後方支援病院の1つとなりました。九州中央病院ラグビー蹴球部は、これからも普及啓発などを図り、競技への興味と関心を持っていただくため、ラグビーのプロモーションを推し進めていきます。

今後ともご声援よろしくお願いいたします。

診療日・診療時間のご案内

TEL 092-541-4936
受付 平日 午前8時30分~午前11時00分
休診日 土・日・祝日・年末年始
緊急 救急を要する患者さんは救急外来で24時間対応いたします。
紹介状 紹介状をお持ちの方は地域医療連携室にお越しください。
受付時間はこちら>>

ピックアップ

  • 新型コロナウイルス感染対策実施中
  • 面会について
  • 会員制サービス 九中フレンズ
  • がん診療について
  • 緩和ケア病棟のご案内
  • 看護部について
  • 地域医療支援病院について

採用情報

  • 初期研修医情報
  • 医師(常勤職員)募集
  • 看護師(常勤職員)募集
患者さんへ
共済組合員の方へ

健康管理事業

その他

医療関係者の方へ

調剤薬局薬剤師の方へ

製薬会社の方へ

その他

その他
九州中央病院について
看護部

このページの先頭へ戻る

0